MENU

【ポケットカジノ】換金方法や弁財天とは何者か解説します

こんにちは!管理人マジノです。

今回は無料で楽しめて換金もできる噂のスマホアプリ。
ポケットカジノについてご紹介いたしますね!

 

まず結論として、ポケットカジノは換金が可能です。
ではどうやって換金するのか?ポケットカジノとは何かを解説していきます。

 

目次

ポケットカジノについて

ポケットカジノとは2019年に配信を開始し始めたAndroidやios用の無料アプリです!

無料さながらにカジノでよくあるビデオスロット、ポーカー、BJ、スクラッチなど
沢山のゲームが一体になったのがポケットカジノです!

アプリの名前の通りスマホでいつでも気軽にカジノを楽しめるアプリになってます。

実際のトップ画面です。

・銀貨と金貨とは

銀貨はポケットカジノないで使えるアプリ内通貨となっており、クエストやショップ内、イベントなどで
無料配布してます。

逆に金貨は初回チュートリアルクリアで5000金貨もらえますがそれ以降入手は非常に困難な貴重な
通貨となっております。

金貨を手に入れる為にはショップ内で課金して金貨を手に入れるしか有りません。
前までは銀貨を金貨に変換する方法があったのですが今ではイベントで上位ランキング者のみしか
変換する方法がない為実質ショップ内課金のみと思って良いでしょう。

実際のパックの内容です。

1ポイントアドバイス

● 貰える5000金貨は非常に貴重なので最初は使わずにLv40になってから勝負に出よう!

・レベルとチャット機能

ポケットカジノ内では一定の通貨を使用すると経験値がもらえレベルが上がってく
仕組みとなっております。

レベルを一定まで上げると機能が解放されていく仕組みとなっており、レベル40からはフレンドとの
トレード機能が解放されます。
この機能でフレンドに金貨をあげたり貰ったりできます。

チャット機能も完備しててフレンドと一緒に楽しめます。
ポケットカジノ内でフレンドを作り一緒にゲームがプレイできる
専用の部屋を作れますのでそこで雑談をしながら一緒にゲームをすることも可能です。

また全体チャットと、特定ユーザとの密談ができる個別チャットがあります。
また、画面上では今遊んでるプレイヤーや、大当たりした人を表示するので
気になる人がいたら話しかけることも可能です。
さらに、ユーザにアイテムを送る「プレゼント機能」もあります。
ぜひ友達を作って、みんなで楽しく遊んでほしいですね!

これが実際のチャット画面です。

 

ポケットカジノの換金方法

結論から言うと出来ます!笑

確かに、普通のスマホアプリでは換金はできませんよね?
しかし、それを可能にする仕組みは何とたった今話したプレゼント機能に隠されているんです!

ご存知の通り、オンラインカジノは入出金手段を予め用意することで、ギャンブルを成立させています。

しかし、Google Play、App Storeで提供されるポケットカジノでは、それが用意されていません。
というのも、日本向けに配信するアプリは、お金を使ってプレイし、賞金を得る仕組みがあると
ギャンブルとみなされ禁止となり、特に賞金を得る仕組みとなる出金の部分はネックとなります。

この問題を見事解決した、ポケットカジノのユニークな入出金方法をご紹介したいと思います。

入金はソーシャルゲームと同じように課金で!

ポケットカジノには銀貨と金貨の、2種類の通貨が存在します。
金貨は銀貨の上位にあたり、一部のスロットは金貨でしかプレイできません。
金貨を獲得するには、下記の方法があります。

・クエストの達成
・ショップなどからの購入
・他のユーザからギフトを受取

上記のうち、ショップなどからの購入がオンラインカジノでの入金に当たります。

ただ、ショップでは金貨を直接購入するのではなく、金貨やお得なパックなどと交換できる「ポイント」を購入します。


(ポイントはスロットに使うものではないので「お金を使ってプレイする」ことにはなりません)
この手順は他のソーシャルゲームでアイテムを買うのと同じで、通常のクレジットカードやGoogle Play、App Storeでも購入可能ですので、場合によってはカジノよりも簡単ですね!

・プレゼント機能でユーザ間の金貨取引を実現

ポケットカジノには前回お話したプレゼント機能があり、ユーザ同士で10種類以上ある
プレゼントを送り合うことができます。

ギフトを送るにはレベル40以上必要で、受け取るにはユーザレベル1以上が必要です。

また、レベル40以上になっても一部のギフトはレベルで順次解放されるので、すぐに全種類送れるわけではありません。

ギフトは金貨で購入する必要がありますが、購入に使った金貨のほとんどは、
なんと還元金として、受け取ったユーザに与えられるんです!
例えば、80,000金貨でゴールデンマイクを購入して、他のユーザに送ると、
そのユーザが78,400金貨を獲得します。
還元率は驚異の98%です。

このようにプレゼント機能を利用することで、
ユーザ同士で金貨の受け渡しや、取引が可能になります。

しかし、それでも金貨はゲーム内の通貨でしかなく、このままではやはり出金できません。
そこでポケットカジノは、ある神様のおかげで出金を可能にしています!
その神様とはいったい…?

・七福神ユーザと取引をして外部で出金する方法

ポケットカジノをプレイする時にチャットを見ていると、たまにちょっと違う感じのユーザを見かけることがあります。

神様のようなアイコンで、名前も弁財天といった神様モチーフとなっているユーザたち。
このユーザたちは七福神ユーザと呼ばれますが、その正体はRMT業者です。

出金は、業者たちと密談で連絡し、プレゼント機能を通じて金貨を送り、買い取ってもらう形で行われます。
業者がギフトから金貨を受け取ると、外部RMTサイトを通じて銀行送金などで対応してくれます。
さて、RMTに馴染みのない方に説明させていただきます。

・RMTとは

リアルマネートレーディングの略で、ゲーム内の仮想アイテムや通貨などを、現実のお金で売買することです。
日本のオンラインゲームでは不正行為やトラブル防止などのために、利用規約でRMTを禁止するケースが多いですが、RMTを行うこと自体は法律で禁止されていません。

実際、RMTを容認するタイトルや、最初からRMTが行われる前提で設計されたタイトルも存在します。
ポケットカジノの場合、RMTを規約で禁止行為としていないので、ユーザ間で金貨の取引をしても問題ありません。

また、RMT業者は七福神ユーザという特殊なアカウントを使用していますが、実際の彼らはゲーム運営会社とは繋がりがありません。

パチンコ店で遊んだプレイヤーが出玉を景品に交換し、景品を外部の業者に売って換金する
いわゆる三店方式と同様です。

ポケットカジノはこの方式を採用することで違法とみなされるリスクも排除しているので
安心して遊ぶことができるんです!

左上がお話してた弁財天です。

実際にはチャットに頻繁に投稿しておりますので取引する際はLINEを使って弁財天に買取のお願いを
する形になります。

・弁財天からは割安で金貨も買うことができる!

弁財天が外部の業者である以上、もちろんただ金貨を買い取るだけではありません。

実は、彼らは金貨の買取以外に、金貨の販売も行っています。
弁財天から金貨を購入する場合は、ショップでの通常価格より安くなります。

チャットで弁財天に購入したいギフトを知らせたあと、指示に従って入金すればギフトが送られ、その還元金で金貨を受け取る形です。出金と同じく、チャットですぐできるので簡単です!

勝負のために金貨を増やしたいときも、弁財天から金貨を購入したほうがお得です。

どれぐらいお得なのかというとゲーム内課金だと1円で20枚の金貨しかないですが
弁財天から金貨を買うと1円で25枚の金貨が購入できますので通常よりも5枚お得な買えます。
100円で2000枚の金貨より100円で2500枚の金貨の方が必然的に勝てる確率も上がり
お得に遊べます。

弁財天の買取LINEをここに載せておきますので買取の依頼は公式LINEで買取と送信しましょう!。
LINE ID →【@492lumie】

ポケットカジノについてのまとめ

まずは40Lvを目指しひたすら銀貨を使って好きなゲームをプレイしましょう!
40Lvをクリアしたらトレードが解放されるので、もらった5,000金貨を増やし換金を目指しましょう!
換金する際は公式LINEの弁財天で換金申請をして現金を受け取りましょう!
おすすめのゲームは天国地獄・三国伝など人気の高い機種にしてLvを稼ごう。
間違えても魚を倒すゲームはやめましょう!大火傷します笑

⭐︎これだけを意識すれば40Lvは簡単です。

● 登録して5,000金貨はLv40になってから使う。

● 40Lvまで上げれば換金できる弁財天と取引ができる。

● 40Lvを上げる為には人気の天国地獄や三国伝をプレイしよう!

● 換金する時は公式LINEの弁財天と取引して現金を受け取ろう!

 

 

あわせて読みたい
【ポケットカジノで勝てる人気機種3選】をランキング形式で解説 こんにちはマジノです。 今回はポケットカジノで人気の爆発機種を解説していこうと思います。 一昔前まではランプの魔人が人気でプレイされてましたが最近は新しい機種...

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


目次